持ち物リスト

Zoomer 持ち物リスト等

✿アメリカ訓練 購入しておく物

01.滑空機/飛行機/回転翼パイロットログブック…グライダーの訓練予定の人も飛行機で飛ぶ機会があるでしょうから両方持っていると便利。
02.ASAプライベートパイロットテストプレップ…FAA学科試験の問題集、天気の良いアメリカで飛ばずに勉強なんて事がないように先に勉強。
03.JCAB学科試験申請書…帰ってきてから免許書き換えのために法規の学科試験を受けなければならないのでついでに。
04.滑空機/飛行機/回転翼航空経歴書…免許書き換えの申請に必要なのでついでに。
05.渡米用航空券…ビザ無しで行く場合は往復航空券でなくてはなりません、フロリダのオーランド空港(MCO)行きでヨロシク。
06.自動車運転者賠償責任保険…レンタカーを運転する人は日本で入っておくと安くなります。
07.宿泊&レンタカー…自分自身で行く人は確保を忘れずに。

01~04はホーブンデパート ℡ 03-3580-3111 (Web) http://hobun.com の通販で購入することが出来ます。
その他の航空用品は現地で購入した方が安価です。
格安航空券ならヤフートラベル (Web) http://abroad.air.travel.yahoo.co.jp 等を利用するとネットで料金確認&購入出来て便利です。
レンタカー保険はエース保険 ℡ 0120ー550-385 (Web) http://www.ace-insurance.co.jp/ 等で扱っています。

✿アメリカ訓練 持ち物リスト

01.パスポート…有効期限があること、フライトや学科試験にも必要。
02.往復航空券…帰りの日程が分からない人はオープンが便利。マイレージカードを作ってマイレージをためるとタダで行けるのでお薦め。
03.滞在先の住所…飛行機の中でイミグレーションの入国審査用紙に記入しなければなりません。
04.トラベラーズチェック…換金手数料が一番安く現金化も可能で安心。アウトレットで買い物するためにたくさん持っていった方が良いでしょう。
05.クレジットカード…VISA、MASTER又はAMEXならどこでもつかえます。JCABは使えないところが多い。
06.国際運転免許証…学科試験やレンタカーを借りるのに必要。IDにもなる。
07.筆記用具や電卓…特に消しゴムやルーズリーフは日本の物が質がよい。シンプルな電卓でないと試験で使えません。
08.英和/和英辞書…単語が分からない人は必要。英会話の本も便利
09.パイロットログブック…グライダー用、飛行機用、ヘリコプター用等必要なログブックを持っていない人は、ホーブンデパートで購入しておく。
10.パイロットサティフィケート…既に免許を持っている人は。
11.ステューデントパイロットサティフィケート/メディカルサティフィケート…羽田国際空港診療所で取っていない人は現地で取得。
12.問題集、教科書…持っていない人は現地で購入。日本の本は必要なし。
13.航空用具…プロッター、コンピューター、ニーボード、ヘッドセット等を持っていない人は現地で購入。
14.懐中電灯…夜飛ぶ人は必要。赤や緑のレンズが好ましい。
15.フライトバッグ…勉強道具がすべて入れば持ち運びに便利。
16.帽子…陽射しが強いため持っていないと暑い。
17.サングラス…陽射しが強いため持っていないと見にくい。
18.水着…プールがあり冬でも暖かい場合が。
19.サンダル…又はスリッパがあると楽。
20.着替え…昼はTシャツ、夜は何か上に羽織るぐらい。夏でも屋内はエアコンで寒いので上着が必要。
21.目覚まし時計…朝起きれない人はもちろん、帰りの飛行機に乗り遅れないように。
22.洗面セット…歯ブラシ、歯磨き粉、髭剃り等。シャンプーなどは現地で買っても。タオルは部屋にあります。
23.お手入れセット…爪きり、耳掻き等。バンソウコウやソーイングセットも使うかも。
24.電子蚊取り機…夏の夜には持っていた方が。
25.お土産…スーパーで売ってる普通のお菓子や、わざわざ買わなくても家にある日本らしい物でも。
26.スーツケース…物価が安いので帰りは買ったものでいっぱいかも。
27.カメラ…良い景色がいっぱい。
28.ノートパソコン…飛行場に通信できるパソコンはありますが、自分専用に必要な人は。
29.日本の雑誌…見せびらかすために。
30.国際学生証…学科試験や学生割引に使え、IDにもなる。

なお、生活用品等は現地で購入した方が安価です。

✿アメリカ入国の際、入国審査で

1.ビザ免除の場合はパスポートと往復航空券とエアラインの機内でもらって記入した入国管理カードの提示が必要です。
2.何処へ何の為にどのくらいの期間滞在するのかを聞かれるので、説明がめんどうにならないよう観光又は友人が居るのでと答えておきましょう。
長期滞在の人は細かく聞かれる事があるので航空券の帰りは早めにしておいて後で延長するといいでしょう。
3.住所例: Seminole Lake Gliderport 4024 SoaringLn. Clermont FL.34711 ℡352-394-5450
その他: Palace Hotel & Resorts 20349 U.S.Hwy27N Clermont FL.34711 ℡352-429-2163
4.前もってのESTAのサイト (Web) https://esta.cbp.dhs.gov で承認を受けておくのを忘れずに。

注:ビザを持っていない場合はくれぐれもスクールに行くと言わないようにしましょう、入国を拒否されます。
私達が使用している施設は航空機使用事業又は飛行クラブで「学校」ではないので、趣味でグライダーや飛行機を飛びに行くと言うのはOKです。

✿入国審査の後、税関で

1.エアラインの機内でもらって記入した税関カードの提示が必要です。
2.大抵の場合は買ったお土産等がなく合計$0なら税金はかかりません。

注:$1万以上持ち込むと税金がかかりますので、クレジットカードやATM用にシティバンクの口座を作る等で対応しましょう。

Top